読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GW3泊5日プーケット旅行記①

ゴールデンウィークに、私が一度は行ってみたかったタイのプーケット島へ行ってきました。

仕事上5/1.2に有給をとることができなかったため、旅行は5/3〜5/7の5日間でした。

 

結論から言いますと、移動が多くてかなり疲れる!けど、楽しくて面白い場所です笑
優雅なリゾートはもちろんですが、それ以外にもナイトイベントが多く、昼も夜も楽しめます。

 

今回この記事では

・GWのプーケットコスパ
プーケットの移動時間
・初めて利用したエアアジアの感想
・両替と現地通貨(バーツ)

などを伝えていきたいと思います〜

 


〈GWのプーケットコスパ

 

いつも比較的安く安心なHISでツアーを申し込んでいましたが、やはりHISといえど連休はどの国のツアーも高く、最低でも1人14万〜15万ほど。
せめて10万ちょっとくらいにまでに予算を抑えたいと思いました。

 

そこで今回は「トラベルコちゃん」という格安旅行のアプリを利用し、「タビックスジャパン」という会社のツアーを申し込みました。
あまり聞きなれない会社名だったので少し不安でしたが、(つい最近てるみくらぶの件もあったし……)とくに問題はなく大丈夫でした。

 

LCCエアアジアでの航空券
・スタンダードホテル(朝食付)←予想以上に綺麗で良い雰囲気のホテルでした(次回の記事で紹介!)
・日本語ガイドの送迎付

 

のツアーで予算通りの約10万3000円。GWにしてはなかなかコスパの良い旅ができたのではないかと思います。


平日のプーケットだったら、ほんとはもっともっと安いんですけどね…。これが社会人のつらみです。

 

プーケットの移動時間〉


プーケットはとにかくあらゆる場面で「移動」が多いです。日本⇄プーケットも遠く、空港からホテルまでも遠く、離島に向かうための港も遠く、有名な離島(ピピ島)も遠い…!

 

若いうちに行くべき所だと実感しました。笑


飛行機はプーケットへの直行便がないため、乗り継ぎ便に乗らなくてはいけません。今回はバンコクドンムアン空港での乗り継ぎでした。

 

5/3の9:15成田空港発の飛行機に乗り、最終的にプーケットに到着したのは現地の16:45。
現地は日本と−2時間の時差があるので、実際かかった時間は合計10時間くらいってことですね…!


さらに、空港からホテルの送迎で車で約1時間ほどかかり、この日はほぼ移動で終わってしまいました!笑

 

ほぼ1日座っていただけですが、それでも移動というのは疲れますよね…。

むしろ、プーケットに行くと数時間の移動くらいへっちゃらになりそうです!

 


〈初めて利用したエアアジアの感想〉

 

私自身、格安航空であるLCCを利用したのは初めてでした。

 

エアアジアを利用したことのある周りの友人たちが


「もう二度と乗らないと決めた」
「色々と雑だよ」
「めっちゃ揺れて怖かった」(←これは飛行機というよりも気流の問題w)

 

と苦情ばかり言っていたので、正直不安しかありませんでしたが…

実際乗ってみると噂に聞いていたほど悪くはありませんでした。


むしろ普通に快適な乗り心地でしたけど…??
思っていたよりは座席との間隔があって足伸ばせるし。
CAさんも、皆さん親切でした。

 

周りの友人たちは、エアアジアで一体何があったんでしょうか…。

しかし、格安な分、機内に映画や音楽を楽しむエンターテイメントがなかったり、機内食やブランケットなどが課金制だったりするのはあらかじめ気を付けなければいけません。

深夜便は機内がかなり寒くなるので着込んだり、自前のブランケットを用意しておくと良いです!

 

長時間のフライトだったので機内食もいただきました。量はちょっと少なかったですが、案外味は良かったです!
頼んだものは、パッタイ(たしか210バーツ)

f:id:harukyan5315:20170513094536j:image

 日本円で約630円ですね。ちょっと割高な感じでしょうか?

タイ料理はスパイシーなものが多いですが、これは日本人の口に合う味。


現金の支払は紙幣のみOKで、日本円も使えます。ただ、お釣りは何故かバーツで返ってくるので要注意ですよ!

 

初のエアアジアでしたが、思っていたより居心地が良いと思った私でした。

 


〈両替と現地通貨〉

 

現地通貨はバーツです。
1バーツ=3円くらいなので、例えば20バーツなら60円くらいになります。

プーケットも市街地の両替屋が最もレートが良いです。
日本であらかじめ両替しないように注意!

 

以前マレーシアに行った時はそこまで両替屋がなく探すのに一苦労しましたが、プーケットはそれとは真逆で死ぬほど両替屋があります。
さすが観光地!
数十メートルおきにあるので、とりあえず適当に歩いていればどこでも両替可能です笑
ありがたや〜