読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GW3泊5日プーケット旅行記②

プーケット旅行記②では

・宿泊したホテル
・現地の食事

について書きたいと思います〜

 


〈宿泊したホテル〉

 

今回宿泊したホテルは、パトン地区の「ディーバナパトン リゾート&スパ」です。

 

着いたのは夜だったのですが、象のオブジェがあり想像以上に素敵で綺麗なホテルでびっくり!!

f:id:harukyan5315:20170513110058j:image

f:id:harukyan5315:20170513110113j:image

 

ロビーやレストランが半屋外なのでちょっと暑いのが難点でしたが、半屋外だからこそ開放感やリゾート感があったりもします。

f:id:harukyan5315:20170513110213j:image

 

プールもついていました〜〜

 f:id:harukyan5315:20170513110252j:image

 

部屋はこんな感じ。

f:id:harukyan5315:20170513111103j:image

 清潔感があり、バルコニーからプールが見えてちょっとリッチな気分も味わえました。

 

 ホテルのスタッフさんも皆さんニコニコしていて親切でいい雰囲気でしたよ。

 


〈現地の食事〉

 

タイ料理といえば、酸味・辛さ・香辛料!な刺激的なイメージ。(実際そう)

 

酸味も苦手で辛すぎるのも苦手でパクチー嫌いな私にはちょっと不安だったのですが、観光客のよくくるレストランやホテルではそこは配慮され食べやすい味になっていたり、辛いものには唐辛子マーク🌶がついていたりしていました。

 

逆に一般的な屋外のレストランだと「ノースパイシー!」と言わないとめっちゃ辛い料理がでてきたりするそうです。笑


初日ホテルで一息着いた後は、夕飯を食べに歩いて市街地へ。

 

向かった場所はネットで評価の高かったレストラン「バイレイ」

ここでは様々な味のカオマンガイを食べることができます。タイ料理でも刺激的なメニューではないので、まずは安全圏を狙います。

 

私は最もスタンダードなメニューを注文しました。なんとこれで、50バーツ(150円)という驚異の安さ!!毎日通えるわ。

f:id:harukyan5315:20170513111459j:image

この右のたれをかけていただきます。
たれはちょっとスパイシーで、でもクセになる美味しさです〜


ご飯に鶏肉がのっているだけなので質素な感じはしますが、まずいはずありません。

 

そして、セットでついてくる左のスープがめっちゃめちゃ美味しかったです。(メインのカオマンガイよりも気に入ったかも!笑)
鶏とニンニクで出汁をとってあるみたいです。家でも作りたいな。

 

次に現地のデザートを食べるために別のカフェへ。

ここでずっと気になっていた「カオニャオ・マムアン」に挑戦!

f:id:harukyan5315:20170513111702j:image 

これはココナッツで炊かれた甘いご飯にマンゴーが添えてあるというもの。
ぱっと見えっ……ってなりますよね。

 

しかし、恐る恐る食べてみると案外いける。

 

あぁ、よく考えたら日本の和菓子だって甘い米みたいなもんだ。それと同じ感じだ!!!

 

結論、カオニャオ・マムアンはタイの和菓子。

 

ただ、食後のデザートには向かない。

カオマンガイで米を食べた後にもち米のデザートは重すぎます笑
美味しいけれど、たくさんはいらない。そんな感じでした。

 

ちなみにホテルの朝食はビュッフェで、味は普通に美味しかったです。

f:id:harukyan5315:20170513112606j:image

1番美味しかったのはやっぱりイエローチキンカレーかな。辛さもほどほどでした。

ただ、毎日メニューがほとんど同じというのが難点!

 

全体的にマレーシア料理の美味しさには敵わないけれど、それなりに美味しい!というのが個人的なタイ料理への感想かな。

 

まだまだ紹介したいタイ料理があるので、今後の記事でもちょくちょく挟んでいきたいと思います〜